中国・北朝鮮・韓国特集・・私の意見その1・黄門様の印籠・その1310

「モンスター・ステート」とは・・・・
通常自己中とは自己即ち個人の利益・考え方を強硬に主張して譲らず他の人の事を考えない事を言うようでその人を良く「モンスター」と呼んでいる。さて「自己」は衆の中の個のことらしいが、拡大していくと、部落・市町村・県・地方・国・地球を意味するだろう
とすると自国の意見を通す為に自国独特の法律等を制定してそれを振りまわすことは「自己中即ちモンスター」だろう。これを称して「モンスター・ステート」と名付けよう


加害者と被害者・・・・韓国の朴槿恵大統領の「加害者と被害者の歴史は千年経っても変わらない」と言うコメントが韓国の与論を代表しているとすれば、日本が加害者であった期間は日清戦争からアメリカへの敗戦までの数十年間だ。韓国が完全に独立を果たしたのはその後だ。
「加害者と被害者の歴史は千年経っても変わらない」とすれば中国に支配された数千年の歴史はそんなことを言うと日本を加害者というよりずっと長い韓国の中国に対する被害者の歴史は消しようもなく可哀想な国だ。


いよいよ中国政府の締め付けは・・・・
朱建栄教授が中国に足止め、裁判にかけられるようだが、彼の日本のテレビでの発言は中国政府の代弁のように聞こえ、もう少し 公平な立場で発言しても良いのではないかと常々思っていたが、それでも中国政府の逆鱗に触れるなら日本のマスコミに登場するからには石平氏のように帰化せざるを得ないのか。ただ呉教授が韓国入国を拒否されたようになるかも。

中国のなし崩し・・・・尖閣諸島について中国は主権を徐々に築き上げつつあるのではないか、日本は舐められており中国の領海侵犯に対する毅然たる態度を行動に移せない現状は中国の権利を少しずつ許していることにならないか。大体マスコミの記事の取り上げ方も日々に小さくなっている、中国政府は3戦を駆使して尖閣の主権の奪取に営々と取り組んでいる。
このままの「尖閣には領土問題は無い」の一点張りでは少しずつ中国に押し込まれないか。

韓国人には本当の頭脳はないのか・・・・
「イプシロンをICBM転用可能で日本軍国化の象徴」と韓国紙が報じた、まあ日本技術レベルの高さについてのやっかみだろうが、固体燃料搭載型のロケットは約60年前からの積み上げた日本の技術で口惜しかったら韓国も独自の技術の開発に一から手を染めたらどうだろう。私も分野は違うが数年間韓国に対して技術指導をしたことがあるが韓国の大企業の技術者でありながら聞くばかりで自分で考えようとしなかった。

北京の空気汚染・・・・私が大学にいた時代今から60年位前では、空気は汚れて一日中頭が薄ら痛かった、東京の空気は汚れていて大学から自宅に戻ろうとした時志木市を電車が過ぎると次第に頭痛は治ってきた。次第に免疫が出来たのか大学から世の中の会社に就職して地方の工場に赴任すると頭痛は完全に忘れられた、北京の大気汚染は免疫性のない現在の日本人に対しては危険だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック