中国・北朝鮮・韓国特集・・私の意見その3・黄門様の印籠・その1308

韓国よ前のめりになるな・・・・  
韓国が中国を利用して世界の大国と同じ発言権を得ようとする考えは間違ってはいないだろうが、その底に長い歴史の中での「事大主義に支えられた虎の威を借る狐」での日本を下に見る歴史から侮日的となり現状認識から誤っていないだろうか
韓国に「ウリジナル」とか「クッポン」と言う言葉があるそうだ、何れも「韓国が最高」という言葉らしいが、それの現れが「孔子は韓国で生まれた」とか「日韓条約を無視した韓国法廷の判決」とか果てには「韓国出身の国連事務総長の先日の発言」になるなどどうも前のめりになっているようだ。朴大統領が「安重根の銅像の中国に設立」を提案し中国に拒否されるなど未だ韓国が中米の橋渡しになんか成れる力はある筈がない。

韓国日報・・・
韓国日報の『「イプシロン」は固体燃料を使っているから大陸間弾道ミサイルICBMへの転用可能』と何とかして日本の軍国主義化を強調して日本叩きをしたいらしいが、それは一種の焼き餅であるかも知れない

日本の底力を忘れて朝鮮半島は・・・
日本の底力に対しての国際的に恐ろしさを感じていることは事実だろうけど、それは一種の焼き餅であるかも知れない。それに対して多くの開発途上国は見習うべきものとして考えているかも知れないが、それを自政権の正当化の為に利用したり、自政権の国内向け人気に利用したりして、更に日本の国力の増強に水を差す動きがみられる。   
米国での田中角栄首相にナショナリストとの評価をしたり、明治維新以降急速に近代化した日本を視て、欧米先進国が何とか日本の力を削いでアジアを相変わらず膝下に置こうとして遂には第2次世界大戦に到った。第2次世界大戦で完膚無きまでたたは潰された日本が何時か立ちり独立を保ちいつのまにか列強の立場に立ちV7の一員となる。その後も20年に渉るデフレを持ち堪えて立ち直り、数度の大震災時にも立ち直りの速さを見せた。 これらは江戸時代からの日本の教育の先進国としての実力の成せる技であって、世界に冠たる識字率の高さがあったればこそであったろう。それらを忘れてマイナス面のみを強調する朝鮮半島の国々は再び中国の属国になろうとしている。

北風と太陽・・・
昔から例に引かれる寓話だが、韓国と北朝鮮の間で何度となく韓国の金大中政権や盧武鉉政権が「太陽政策」をとり、北朝鮮に援助をしたが成功しなかった。その他の政権や米国の政権でも何回か「太陽政策」がとられたが成功しなかった。何故だろう私の独断によれば相手が朝鮮人だから、もし日本人ならとっくに成功している、敗戦時の日本を見れば分かるだろう、必ずしも金王朝の延命だけではないだろう。

中国も韓国も国際社会の継子だ・・・・
中国はフィリピンに首脳会談の条件として「アユンギン礁の実効支配を解き、国際仲介手続きの取り下げ」を要求している、フィリピンは拒否しているが、これらは対日本の尖閣諸島のやりかたと同工異曲で、どうも韓国を巻き込んで変梃な方法をとっている。この方法は一種の横槍で益々孤立を深めるのではないだろうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック