丹羽駐中国大使はビジネスマンではなかったのか・・・字数に制限されない私のつぶやき・その1206

『丹羽宇一郎駐中国大使は7日までの英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、東京都の石原慎太郎知事が表明した尖閣諸島の購入計画について「実行されれば日中関係に重大な危機をもたらすことになる」と述べた。』この事は大きな間違いだ。尖閣諸島が明確な日本領土である事は間違いないところであるが、中国は合理的な国で、得る利がコストを上回らない限り解放軍は手をださない、従って尖閣諸島を護る手は一つ、尖閣諸島を手に入れる中国のコストを出来るだけ大きくする事だ。丹羽駐中国大使はそんな事も解らないのか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック