駄言人を刺す時もあるPart1・・私の感想・徒然草・その1205

政治不信を考える・・・・国会に於いて政局に終始し国益を考えないと言われるが小選挙区制による2大政党の交替制度は自然に政局を考えるようになる。参議院に政党化を持ち込んでいる現在2院制と言えども一院制に等>しくしかもねじれを生じやすい体制にあるだろう。
政治は力、力は数、数は金(支持母体・支持者)」と言う言葉の信奉者が政治家である限り政治は政局となることは必須であろう。政治家が政局のみを考えればそれと比例して大多数の国民は政治不信となる。

中国は相変わらず華夷思想を引きずっている・・・・孫文革命でも孫文は「五族協和」と言いながら漢民族の支配する五族を考えているようだ。現在の中華人民共和国の名前が示すように相変わらず中華思想即ち「華夷思想」の虜になって国際社会を律しようとしている。大は善なり」という中国の思想は前世紀の思想でそれから脱却しない限り国際社会では受け容れられないだろう。日本も嘗てこのような思想に取り付かれて国際社会の孤児となり、ある勢力からは理不尽とも言える要求を突きつけられて敗戦に導かれた。やがて中国共産党政権は日本の嘗ての軍事政権のように崩壊するだろう。これらが内部からか、外部の圧力によるものか判らないが、近い将来そうなるだろう。

笑う門には福来る・・・・人間笑うと健康を保てると言われている、私は以前からテレビは推理ドラマやニュース番組以外余り見ないが、最近暇な所為もあるが、出来るだけお笑い番組を見て笑うようにしている。だが私の歳になるとツボにはまったネタが少なくて大体若い人向けのようだ。

気の利いた化け物引っこむ頃・・・・日銀が政府に成長戦略を迫っているらしいが、証文の出し遅れをカバーしようとして日銀総裁も頑張っているらしいが、彼が2月に1%のインフレターゲットと金融緩和を打ち出しただけでその後為替と株価の好転が見られたが、それも息切れし再度金融緩和せざるを得ず金融での対策は限界だと言って政府の対策を迫っているようだ。
しかし政府は増税路線まっしぐらで、何時も政府と日銀はちぐはぐだ。と言うより日銀も対策が遅く、インフレ懸念から対策が遅れている。
白川総裁は日銀の生え抜きらしく慎重だったが、就任の2008年、振り返れば理事時代の2002年以降いまのような積極策を取っていれば日本の円高・株価の低下等のデフレ現象も相当防げただろう。
 
バス事故とあきない・・・・私が現役で工場の製造現場の課長をしてた約50年前、現場で使う薬品や器財の選択権限は実質私が握っていたので、それらの業者がよく私を訪ねてきた。これらの業者に私は「あきない」と言うことを告げていた。彼等ははじめての時「商い」と言うことは当たり前のことを言うと不思議そうな顔をしていたが、「商い」は「飽きない」事だと言って、徹底的に価額をさげて貰うが、彼等が商売になる範囲のことでその情報を公開して言うことが適正な価額設定をする事になることを言っていた。今回のツアーバスの事故を見るに、路線バスの採用している政府が設定している価額がツアーバスの約2倍であることを見ると、幾らツアーバスが満席に近くなるとは言えツアーバスを企画している旅行会社のやり方は「あきない」ではない政府の規制緩和は推奨されるが、と同時に安全規格も制定すべきであろう
中国政治思想史研究第2版
楽天ブックス
岩間一雄未来社この著者の新着メールを登録する発行年月:1990年05月登録情報サイズ:単行本ページ数

楽天市場 by 中国政治思想史研究第2版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

現代保守思想の振幅
楽天ブックス
離脱と帰属の間 シリ-ズ《政治思想の現在》 添谷育志 新評論発行年月:1995年03月31日 予約締

楽天市場 by 現代保守思想の振幅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

中華思想と現代中国【中古】afb
ブックセンターいとう
コンディションランク:Bタイトル中華思想と現代中国 / チユウカシソウトゲンダイチユウゴク著者横山宏

楽天市場 by 中華思想と現代中国【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック