尖閣諸島を国有化に・・・字数に制限されない私のつぶやき・その1203

今朝の報道では中国に遠慮をして、離島の国有化に際して、尖閣諸島の国有化を除外したらしい。これは日本政府の屁理屈で遠慮すれば、それが実績となって付け込んでくるのが中国ではないか、喧嘩腰になれと謂うわけではないが、寧ろ言うべき事は言って毅然たる主張をした上で引くべきなら引く態度が望ましい。事尖閣諸島に関しては中国が一方的に問題を敏感と決めつけて日本に押し付けているだけで、実質は確信的利益だと主張している。
そもそもこの尖閣問題は歴史認識の違いではなくて、中国が政治的・経済的理由によって一方的に主張しているに過ぎない、力を持って非を理にする事は許されることではなく、当然尖閣諸島の国有化は除外すべきではない。



ゲーム理論から見た尖閣諸島・沖縄基地問題
楽天ブックス
井沢開理 東京図書出版(文京区) リフレ出版発行年月:2011年09月 ページ数:184p サイズ:

楽天市場 by ゲーム理論から見た尖閣諸島・沖縄基地問題 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック