駄言人を刺す時もあるPart4・・・私の感想・徒然草・その1112

中国の属国ではない・・・中国は周辺国を属国化してアジアの秩序を築かんとしているのではないだろうか。一応友好関係にある日本の治外法権が認められている在外公館への出入りを制限しようとする中国に対して其れを受け容れるという自国の主権を無視する行為をしているような政府はもはや日本の政府ではない。今後の日本の主権を中国に預けたようなモノで日本が益々中国の属国化の道を突き進むとしか言いようがない。日本は独立した国であり中国の属国ではない、内政に干渉してくるような事は靖国問題以来屡々で毅然たる態度を取らないとなし崩しに主権を侵害され属国への道を既成事実として確立されてしまうだろう

創作四字熟語・・・・創作四字熟語の優秀作が発表になった、創作四字熟語と言っているので大変期待したが、優秀作品・入選作品を見る限り、創作ではなくて駄洒落ではないだろうか、駄洒落が悪い訳でなく寧ろ私は駄洒落が好きだが、創作という言葉で募集するのが不適当なのか、選者が勘違いしているのか。創作とは読んで字の如くオリジナル物を言うのではないのか。

COP17・・・・COP17(国連気候変動枠組み条約第17回会議において、強い態度で日本が臨んでいることは歓迎すべき事ではあるが、各国とも自国の利益ばかりを考えて地球全般のことを考えていないことは報道の通りだが、中国と米国の2大排出国が規制を受けないCOP など意味がない。しかし日本国内では政府は日本国のことさえ考えていない状態で国際的な利益を言う資格はないか。まあ兎も角細野環境大臣に頑張って貰うしかないとエールを送るモノである。

一つの提案・・・・社外取締役制度については、以前に昔の米国のある会社の制度について触れたことがあるが、会社の制度を2権分立にしたらどうだろう。2権分立とは取締役の執行部兼任を禁止することである、取締役は会社の方針について意見を述べ、方向を定める。執行部は社長以下取締役ではなく、取締役会から執行を委嘱せられている制度とし、取締役会は執行部の上層を解任し新執行部を選任する権利のみを持つ。

大学の教授も落ちたモノだ・・・・群馬大学のある教授がツイッターによって、放射能の風評をあまりにも知的でない独断で而もあまりに稚拙な比喩を用いて数次に亘ってつぶやいたそうだ。大学教授よあまり専門外のことにはつぶやかない方がよいようだよ。

野田首相は日本国の総理か民主党の総理か・・・・野田総理は「身を切る・身を切る」と言いながら国会議員の定数削減にも公務員の給与削減にも実質手を着けずに国会を閉会した。これは明らかに菅首相の二の舞で保身しか考えていないように見える。
法律に基づき2段階の公務員給与削減案について、自公と話の付いた前原政調会長の発言に人事院勧告の形骸化を狙う官公労の意見を代表する連合の反対を受けて白紙に戻す自治労出身の輿石幹事長の意見に従い、其れを無視する事にリーダーシップを発揮出来ない野田首相、2閣僚の問責決議案の可決にも拘わらず留任させて其れを温存しようとする野田首相、何れも小沢旧代表グループを切れずその意見に従って党内のバランスのみを考える野田首相。、どうも野田首相は日本国の総理でなく民主党の総理らしい。
身を切る事はあげての野田首相の責任だが、其れも出来ずに而も議会を延長してその成立を計るでもなく国会を閉会するざまだ

この記事へのコメント

noga
2011年12月12日 05:07
家元制度 (序列制度) の下で社会勉強をする。
階称 (言葉づかい) を覚えて、世俗の上下に精通し、序列的発想法を獲得する。
さすれば、侍からヤクザまで日本風になる。公務員とて同じことである。
序列 (縦割り) の利益を守る者は忠義の人である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

この記事へのトラックバック