atgtko

アクセスカウンタ

zoom RSS 駄言人を刺す時もあるPart6・・・・私の感想・徒然草・その1106

<<   作成日時 : 2011/06/14 09:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あらゆるエネルギーを電力に・・・・エネルギーを目的に使用しているのは良いが、無駄に空中に放出していることは地球温暖化の視点から見ても感心したことではない。そこで一つ提案だが、家庭用のエアーコンにおいて冷房を使用しているときは屋外器は屋外を温めている、このように当然屋内の不要な熱源は屋外へ排出されていることは当然である。これは暖房時も同じ事で要するに電力というエネルギーを室内の熱というエネルギーと置換することによって、室内を冷やし或いは温めている。
勿論効率があるから全部を賄うことは出来ないだろうけどエアーコンの廃熱はエアーコンの使用電力の一部を賄うことが出来るのではないだろうか。このような装置を内蔵した
エアーコンは考えられないだろうか。
これは一つの例に過ぎないが、世の中には目的の為にエネルギーを使いこの結果として発生するエネルギーを無駄にしている例は多いだろう、これらのエネルギーの電力への転換を考えることが大切ではないだろうか。

日本のミスター・ニェットは菅首相ではないか・・・・アンドレイ・グロムイコは嘗て国際連合安全保障理事会のソ連代表を務め、この間に何度も拒否権を行使したことから、「ミスター・ニェット」の異名を奉られた事で有名である。
菅首相は米国の協力も野党の協力も実質拒否した。表立って拒否はしないがその協力を無視し、自分の力で総てを動かそうとして失敗した。
米国は原子力事故の先輩として早くから協力を申し出たが、菅首相はこれを拒否した。
第1次補正予算の成立について提出されるや3日ほどで成立したがその提出に1週間以上の期間を要し、第2次予算は未だに提示されず、自身の延命の具にしようとさえしている。

日本のミスター・ニェットは菅首相ではないか。

間違いだった、鰹は土佐だけではなかった・・・・気仙沼の人達はカツオの受け容れ設備の復旧を急いでいる私はカツオは土佐のものと思っていたが、考えてみれば黒潮とともに北上し、気仙沼港が水揚げの拠点となるのは当然のことで、カツオは土佐のものという私の不明を恥じるばかりだ。

政治家には花道はない・・・・政治家は野垂れ死にすべきだ。「人は棺桶の蓋をするときにその成果が決まる」と言うが政治家は一途に国の為を考えるべきで引退の花道を考えるべきではない、自分自身の功績とする為のパフーマンスなど微塵も考えるべきではないだろう、ましてや周辺が引退の花道を考えなければ辞められないとすれば、それは唾棄すべきものだろう。

独断と国民同意・・・・原発に対する国民投票の結果が脱原発に80数%を支持した。この事によるエネルギー不足はフランスからの輸入に頼ることになるが、フランスの電力は原発によって生み出されたことが多くその電力を輸入することに批判もあるが、何れにしても地続きのヨーロッパと日本の事情に付いては異なると思う。
ところでイタリアでの国民投票によるものと日本の首相の独断によるものの比較をすると結果は同じでも明らかに異なるように浜岡原発の停止は独断である。



電力・エネルギーシステム新市場(2002)
楽天ブックス
商品副データエネルギーソリューションシリーズ富士経済発行年月:2002年02月登録情報ページ数:28

楽天市場 by 電力・エネルギーシステム新市場(2002) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

電気事業便覧〈平成22年版〉
日本電気協会
経済産業省資源エネルギー庁電力ガス事業部

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 電気事業便覧〈平成22年版〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
駄言人を刺す時もあるPart6・・・・私の感想・徒然草・その1106 atgtko/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる