期日前投票をしてきた・・・私の感想・黄門様の印籠・その8 

期日前投票の理由は些かごまかしに近いが何にも言われないまま投票を済ませた
1998年公職選挙法改正以前の不在者投票制度では期日前の投票には厳しくその理由範囲は狭かったが、改正後は寧ろ理由の如何を問わず期日前に投票する事を奨励するようになった。
私が選挙権を得たのは第4次吉田内閣の時だったから、数限りない選挙を経験してきたが少なくとも国政選挙は棄権したことがない。
今回以前にも触れたように私の住まいする選挙区には政権交代を唱える民主党を代表する何れの政党も立候補していない。

投票の内容は公開出来ないが、何とか小選挙区にも結論を出して投票を済ませた。
最高裁判所の判事の適格性を判断する投票は少々形式的であり、吾々は新聞の僅かな経歴しか判断基準はないが、それを読んで判断した。

何遍も言うが政権選択をテーマにするならば小選挙区には必ず候補者を立てるべきであろう

新聞報道に拠ればこの選挙区では「到底勝ち目がない」と言う理由で立候補を見合わせたとあるが、如何にも選挙民を愚弄するものであろう




選挙の経済学 投票者はなぜ愚策を選ぶのか
日経BP社
ブライアン・カプラン

ユーザレビュー:
難しいが理解する価値 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

最新選挙立候補マニュアル—選挙参謀はいりません
ビジネス社
三浦 博史

ユーザレビュー:
勉強になった。まず取 ...
まずまずの入門書 政 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック